連載

桜井祐子の連載☆セルフフットケア3

foot.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像


〜かかとのケア〜


このコーナーでは、毎月、足のケア専門家・フットケアスペシャリストが自宅で3分簡単「セルフフットケア」法をお伝えしていきます。


3号は、「かかとのケア」方法をご紹介します。


前号では、足の保湿ケアについてお伝えいたしました。保湿をしてもなかなか綺麗に改善しない頑固な黄色く分厚い皮膚やバサつきが強いかかとの場合は、「角質ケア」を行うことで、クリーム類の浸透がより良くなります。


まずは、なぜかかとは、分厚く硬くなりやすいのかご存知ですか?


もともと足裏の角質は、体の中では最も厚く、顔の約4倍〜100倍ということは、前号でお伝えいたしました。


私たちが歩行する際に、足が地面に接地するサイクルがあります。


足は、


1. かかとの外側


2. 小指〜432番目の指のつけ根


3. 親指


の流れで地面に接地し歩行を繰り返します。この歩行のメカニズムから、どうしても、かかとの外側、2-4指のつけ根、おやゆびは、硬くなりやすい部位ではあるのです。


しかしながら、過度に硬く、亀裂が入るほどひどいかかとの場合は、かかとが地面に接地した時にふらつきがあったりすることも原因の一つです。


かかとのケア方法


1. まずは、足を清潔に洗いましょう。洗い方は、第1号をご参照ください。入浴後、もしくは、足浴後に、足を拭き取りましょう。


2. 足に触れる。ケアをする前に、かかとをくまなく触ってみましょう。どこが一番硬くなっていて、薄いところはどこなのか? 硬くなっていない部分を削りすぎるのは良くありません。硬いところと柔らかいところの境界は気をつけましょう。


3. 専用のフットケアファイル(ツーウェイレデューサー)を使用しましょう。フットケアファイルは、紙やすりが2面貼付されているものが多く、粗めの面と細かめの面に分かれています。黄色く分厚くなっている皮膚は、粗めの面を先に使用に、あまり厚くない皮膚は、細かめの面を使用しましょう。


フットケアファイルは、力を入れて強くこする必要はありません。優しくヤスリ面の端から端までを使用し、ストロークを長く、立体的な丸いかかとを形作るようにして足をこすれば、自然にぽろぽろと、消しゴムのカスのような角質が取れてきます。




foot2.jpg


4. 気をつけること


・力いっぱいゴシゴシ往復がけをしない(皮膚の表面が傷つきます。)

・ストロークは長く一定方向に

・一度に削る量は、つまんで柔らかくなる程度にしておきましょう。

・頻度は、1度ケアをしたら、次のケアは最低2週間はあけましょう。

・ハサミやナイフなどの刃物を使用しない。




5. 保湿

ケア後は、必ず保湿しましょう。(第2号ご参照)角質を削った後に、保湿をしないとかえって皮膚が乾燥しパサつく原因となります。




おわりに


寒い冬が終わり、いよいよ春到来ですね。お洒落さんは、そろそろ素足にサンダルの準備をしているのではないでしょうか。階段などで意外と見られているのが、かかと回りです。ガサガサやひび割れかかとを安全で正しくケアして、美しく健康的な足元を作り上げてください。


皮膚の状態に異常を感じる場合は、靴が足に合っているのか? 水虫などの皮膚疾患の疑いはないか? なども考慮に入れ、お近くのシューフィッターや医療機関に相談すると根本改善につながりやすいことがあります。また、自分ではうまくケアできない場合は、足のケア専門家(フットケアスペシャリスト)にケアをお願いするもの安心ですね。



桜井祐子 Yuko SAKURAI


足のケア専門家(フットケアスペシャリスト)


裕子.png


足の専門店PEDI CARE 代表


足の専門校SCHOOL OF PEDI 校長

一般社団法人日本トータルフットマネジメント協会 理事長


一般社団法人足育研究会 経営企画委員 フットケア部会

筑波大学大学院人間総合科学研究科修了 体育学修士



足の問題を様々な視点から保存的に改善するために、ドイツ式メディカルフットケア ポドロギーをベースとした角質ケア、足爪ケア、巻き爪ケア、リフレクソロジー、ボディケア、インソール作成、靴調整などのトータルフットケアを提供するフットケアサロンを開設。足の専門家育成のために、医師・看護師・介護福祉士・セラピスト向けにスクールで指導にもあたる。著書に「サロンワークに役立つ実践フットケア」(フレグランスジャーナル社)。 NHK出演、書籍、雑誌執筆、講演多数、現在筑波大学大学院人間総合科学研究科スポーツ医学専攻博士課程にてフットケアの研究活動を行っている。


JTFA web:


http://www.japanfoot.or.jp



足育研究会 web:


http://www.sokuiku.jp/



Salon web:


http://www.globalcare.co.jp/



School web:


http://school.pedicare.jp/